読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三村ァ!!NEXT!!考察

コミックマーケット91で購入したデレマス✕ジャンプパロ本の元ネタ考察記事です。

f:id:satelliteyezu:20170101031901j:plain

考察者

@public_sate @otama_jaccy @koyaryou

三人揃えば文殊の知恵

 
3p

作者コメント:ロケットでつきぬけろ!

 

5p

1コマ:不明(予想:カブト虫が不明だがドドドからジョジョっぽさがある?)

2コマ:たくあんとバツの日常閻魔帳(たくあん)

6コマ:僕のヒーローアカデミア(オールマイト)

 

6p

4コマ:BLEACH市丸ギン

 

7p

5コマ:ネウロ(デイビット)

 

8p

3コマ:ラブデスター(腕輪)

4コマ:不明(予想:わからん)

6コマ:ラブデスター(爆破)&みえるひと(タイトル)

7コマ:ネウロネウロ

 

9p

1コマ(ぶち抜き):斉木楠雄のψ難(目良)

2・4コマ:バレーボール使い郷田豪(服)

3コマ:不明

5コマ:大泥棒ポルタ(ポルタ)

 

10p

1コマ:ハイキュー(掛け声)

3コマ:不明(予想:ねこわっぱっぽいのほのぼの系のなにか)

5コマ:不明(予想:ラッキースケベ系のなにか)

 

11p

1~4コマ:ハイキュー(日向)

5・6・8コマ:オレゴラッソ(ゴラッソ!)

7コマ:sporting salt(塩谷)

 

12p

1コマ:美味しんぼラーメン三銃士

 

13p

1~3コマ:マイスター(vs鉄壁)

4コマ:不明(予想:トリコ?)

5コマ:グラブル

6コマ:ボボボーボ・ボーボボ(マカロン

 

14p

1コマ:約束のネバーランド(ママ)

2コマ:鬼滅の刃(善一)

 

15p

1コマ:ドラゴンボールヤムチャ

3~6コマ:DEATH NOTE(L死亡シーン)

 

16p

1~3コマ:バディストライク(最終回)

4コマ:とんかつDJアゲ太郎(アゲ太郎)

4コマ:ワールド・トリガー(いや違うと思うぞ・ベイルアウト

 

17p

3コマ:PSYREN(暴王の月)

7コマ:アイシールド21(小早川セナ)

 

18p

4コマ:左門くんはサモナー(煽り顔)

5コマ:こち亀(部長)

 

25p

余り:デモンズプラン(ボロ)

 

 

以上、大晦日に3人で考察してでた答えです。

作者様の答え合わせを待っています。

競技プログラマー情(ジョー)@CM91ニ日目東B24b 告知兼まえがき兼あとがき

告知です!

2016年12月30日に行われるコミックマーケット91二日目に

おたま@2日目B24b (@otama_jaccy) | Twitter

のサークル「すいそうすい」で競技プログラミングの同人誌を頒布します

f:id:satelliteyezu:20161219175642j:plainf:id:satelliteyezu:20161219180016j:plain

f:id:satelliteyezu:20161219180302j:plain

一冊500円を予定していますので紙代と思ってお買い求めください。

twitterfacebookなどその他SNSで欲しいという旨を伝えていただければ確保しておきます!

全部で50部刷ったので是非皆様完売へのお力添えお願い致します!!

 

まえがきとあとがき下に続きますが、特にネタバレはありません。 

 

kindle で発売中です!!

 

まえがき

競技プロ勢でも非競技プロ勢でもとにかく

「勢い」で読める作品を目指しました。

読み返してみると意外と文字が多くてうっとなったんですが大抵の説明っぽい文はとばしても大丈夫です。これは雰囲気漫画です。

結構いろんな人の協力と血の滲むようなデスマーチによって仕上がった40pにも及ぶ本編をお楽しみ下さい!!

※注意:agc004の若干のネタバレを含みます

 

 

あとがき

良い子の競技プログラマーは決して競技中の選手をぶっとばして代わりにコーディングを始めたり、蹴り飛ばしたりしないようにしましょう

 

 この本ができたきっかけはこちらの呟きでした。

そして、コミケに出すことが決まった瞬間がこちら

 オタマジャクシぃ氏のサークルへ友情委託することになり今に至ります。

 

お世話になった方々について

AtCoder問題の借用許可を出して頂いた

chokudai(高橋 直大) (@chokudai) | Twitter

さん、ありがとうございます!

 

4日間で40Pの白紙のアナログ原稿を描き切ってくれた4人のアシスタント

血便でるまで過酷な労働に付き合ってくれた

twitter.com

歯茎に大量の爪楊枝を差し込むほどの精神状況でも枠線を引いてくれた

twitter.com

俺たちのアイドル

twitter.com

卒論で忙しい中を無理言って働いてもらった

twitter.com

本当にありがとうございます。

大学生活入って一番感謝した事象なんじゃないかってくらい友人に感謝しました。

入稿締め切りの直前あたりに遠出する予定がありまして、それまでにPCでやる台詞入れ以外の作業を終わらせなければいけない状況でしたが

アナログ原稿が完成したのは出発の約一時間前。

本当に「誰一人が欠けていても成し得なかった」と言えるでしょう。

 

続き

万が一、割と評判が良かったりして僕のモチベが上がりましたら多分続編を描きます。というか描きたい。(次は夏コミか…)

多分ペンタブとか買ってネームもちゃんと早い段階で終わらせて人にデスマを強いらずに無理なく完遂させるでしょう。

昔書きなぐった設定では他にもキャラを何人か考えていてちゃんとヒロインや女キャラもいます。(完全に漢臭い漫画ではございません)

 

以上です。

携わった全ての方とこれを読んでくれた全ての方に感謝です!

ACM-ICPC 2016 Daejeon大会 参加記

出発

会津を11:08の電車で出ようとしていたはずだが怒髪さんが来ない。

kzy先輩と2人で行く成田を目指す。


成田にて一時間遅れで怒髪さんと先生と合流。めでたしめでたし。

 

ところで、最近(ここ数年)キャリーバッグを走らせる度にキュルンキュルン鳴ってうるさかったので油をさしてもらったところ大変快適になった。

 

17:30~

出国検査を受ける。

「こちとら何回検査受けとんじゃひっかからんやろ」と高を括っていたら制汗スプレーをバッグに入れっぱなしだったのを忘れていてsampleケースで撃墜された。

 

18:00~

出国→フライト
飛行機ではゴースト・バスターズ(新しいやつ)を見た。いい感じにコメディ映画。

21:30~

韓国に到着。あまりの近さに感動するも実際はこの後の移動が長かったりする。
リムジンバスという称すると良さげなバスに乗って快適にホテルへ向かうこと約2時間ちょい

24:00頃

ホテルへ到着(東横イン)。
最初に見かけたコンビニが締まっていて衝撃を受けたが、その店は昼でもやっているように見えなかったのでそういうところなのかもしれない。
その後、ホテル付近でちゃんとやっているコンビニを聞いて恒例のコンビニ散策を行う。(フロントのお姉さんが日本語しゃべれて神)
コンビニに入ると嗅いだことのない異様な臭いがした。
もっとも既視感のある表現をすると「すっごい遠くに生ゴミがある臭い」
水とアイスを買った。おいしい。
その後、部屋でムーミン(英語)を見て寝ました。

Practice

プラクティスセッションの日になりました。
集合が昼でだいぶ余裕があったので観光しようという案もあったが昨日の旅路の疲れで普通に昼間で寝てました。
お昼ごはんをどうしようか考えましたが、KAISTの学食に行ってみようということになりました。

KAISTの学食でビビンバを頼んだのだが、出てきたのは生野菜とごはんとコチュジャンがそれぞれ単体で出てきた。
どうやらこれらを混ぜて食べるらしいのだが、本当に生野菜とご飯とコチュジャンを混ぜただけの味がして実質味の要がコチュジャンに依存しておりコチュジャンを大量にかけないと味がしないのだがかけすぎると辛くて食べれないという代物だった。

その国の料理を味わうのに学食は適さないということを知った。

昼になって京都の人たちと合流して話を聞くと、どうやらホテル付近の料理はだいたい当たりだったらしく我々の選択肢は失敗だったことに気付いた。

 

opening ceremony ~ practice session

英語かと思いきや韓国語だった。
あとから聞いた話だとどうやら韓国語と英語を交互に話していていたらしいが唐突に始まる"You"と唐突に終わる"ニダ"が多すぎて途中でどっちで話しているのか分からなくなり就寝した。

practice sessionはキーボードの動作確認や、ジャッジの環境の確認などをした。
Sample Inputがファイルで置いていなかったりジャッジ環境の詳細情報が載った紙が無かったり日本と比べると所々不親切な仕様ではあった。
コンテスト自体はそんなんですが、スタッフはみんないい人でした。
地味にPractice sessionでは3位でした。

 

晩御飯

京都の人達と夕飯を食べに行きました。
いろいろオススメを聞いて回った結果、東横イン近くのBBQってことろがまぁ美味しいらしくそこに行きました。(主にチキンの店だった)
まぁ美味しかったです。

ホテルに帰った後、一人でお土産を買いにてきとーにその辺を散策しました。
Home Plusっていうショッピングセンターみたいなのを発見してそこでいろいろ散策しました。
韓国海苔を爆買いしました。
この頃になると「カムサハムニダ」をマスターして、迷ったときはガバガバ英語で訪ねた後に「カムサハムニダ」でお礼を言うコンボを重ねていました。

その後ホテルに帰り、就寝。

 

Contest

コンテストの話は例のごとく怒髪さんが細かく言ってくれるはずで僕の視点の話を書いていきます。

 

朝食をACした後、タクシーでKAISTに向かいます。
タクシーの運ちゃんが日本語が分かる(好き?)みたいで話しかけてくれたのですが、運転中に急にスマホの写真アルバムを見始めてなにやっとんじゃと思ったら、警察官の写真を見せてきて「これ日本の友達」と教えてくれました。
いや、友達に捕まるぞお前。

Contest Start

開幕の動きは、僕がキーボードを自前のHHKBに変更し怒髪さんが環境(flymake)を整える。

その間にkzy先輩が問題を読む。俺も読む。って感じです。

自分はまずB問題を読みました。
概要:Nチームで総当たり戦を行います。i(1~N)番目のチームの勝利数が与えられるので、そのような組み合わせの総当たり戦の表が作れるか判定して下さい。( N <= 10,000 )

よくある、一番負けが多いやつと勝ちを結んでいく貪欲のあれだと思い N^2 logN を実装しました。
普段ならN = 10,000 間に合わないと判断してるところでしたが、如何せん練習セッションでO( 10,000^2 log(N) )くらいのが普通に通ったので韓国のジャッジはガバい!とか勝手に思い提出しました。

TLE

 

これが良くない流れの始まりだったのかもしれません。

順位表を見てみるとG,I,Lがたくさん通されていた。
自分はGを、kzy先輩はIとLを処理しました。

一方で、珍しく怒髪さんがC問題でTLEを出して唸っているので
こちらもN^2が通らなくて困ってるBを投げてそっちをしてもらうことにしました。
その間にCの計算量がO(Nlog^2(N))らしかったので、logを一つ落とす方法を書いてAC!
怒髪さんもBを再考してAC!


新技「Swapping Accept」誕生の瞬間である。


再び順位表を見るとHがちらほら解かれ始めていたので、トイレに行きながら考えることにしたら、少し希望が見えてきた。
概要:木があります。
   頂点にはsource側とsink側があり、辺には流量の制約があります。
   全てのsinkに必要なだけの流量を流せるか判定して下さい。
   source側から湧き出る水の量も決まっている。


葉からいい感じに見ていけば子に流せるなら名一杯流す、そうでなければ親に助けをこうみたいなことを考えるも実装に凄く手間取る。

---- この行間で怒髪さんがDとEを通す -----

手間取っていたらいつの間にか終了5分前になっており、個人的にはあとif文を一個追加すれば通るみたいな状況になっていたら唐突にディスプレイが真っ暗になる。
急いで挙手するがスタッフがなかなか駆けつけてこずすっごい困る。
どうやらPCの電源が落ちていたようで、何故急に電源が落ちたのかは一切不明。
再びPCが起動した頃にはコンテストは終了していた。

ち~ん

 

オシマイケル

 

懇親会

なんかぬいぐるみいっぱいもらった。
海外勢の順位表と表彰はスキップされていた。
京都勢はソレを知っていてその時間に昼ごはんを食べに行っていたらしく飯テロをしてやられた。
懇親会のご飯はおいしかった。

 

ddcc

これはひどい

コンテスト終了後、隣の部屋から喘ぎ声が聞こえていたせいで眠れず現在(2016/11/06 01:29)参加記を書くに至る。

ちなみに、明日は4時起きだ。やばい。

帰路

明日は明日の風が吹く

 

ACM-ICPC 2016 アジア地区予選つくば大会 参加記

2016/10/15~16 にかけて ACM-ICPC アジア地区予選つくば大会に参加しました。

行き

 

f:id:satelliteyezu:20161018135044j:plain

車で行きました。

何故新幹線ではなく車かというと、こちらの画像をご覧になればよくわかります。

f:id:satelliteyezu:20161018135826p:plain

 

f:id:satelliteyezu:20161018135837p:plain

1日目

オフ会。

今年はホテルが東横インで本当に最高だった。(昨年比)

運転して疲れたので結構早く眠れた。(ホテル行く前に迷ってARCに間に合わなかったというのもある)

二日目(コンテスト本番)

実は前日まで風邪気味だったのだが、朝起きたらコンディションはわりと良さげ。ジャージで朝食を食べていたらDQN呼ばわりされた。

だいたいのことは怒髪さんがやったので自分は自分のしたことを書きます。(問題のネタバレを含む)

B

問題を読む。長い。

読解に凄く時間がかかって、問題を解き終えた時点で既にABDが解かれていた。
しかも、Bを解いた順位表で瞬間一位になって盛り上がった。(開始42分)

F

問題はさっきより読みやすい。
AがBの子孫であるかどうかをチェックする問題。
n個の文献が与えれて、各文献でm個の"xの子孫がyである"という情報が与えられる。
各文献で与えられる情報は本当or嘘で、嘘の文献の情報は必ず正しくなく、本当の文献の情報は必ず正しい。

このとき、Aの子孫がBであることで矛盾が発生しないような文献の真偽の割当が存在するか判定して下さい。

"aの子孫がbである"情報を見たい時は、"aの子孫がbである"と"bの子孫がaでない"をqueueにpushして矛盾判定と文献の真偽書き込みをする。

"aの子孫がbでない"情報を見たい時は、そのままqueueにpushするBFSっぽいことをして最後にDAG判定すれば解けると思い「解けます」と言ってとりかかるが…

まず、TLEがでて、直してもWAがでる。冷静に考えてその時点で通してるチームが1・2チームくらいしか無い問題がそんな簡単なわけがない。
悩んでるうちにEやGも怒髪さんが解いている。
しばらくして、ひどい誤読が発覚しそもそも入力が間違っていることに気付く。それで再考察して書き直してみるとやっぱりWA。

悩んでいるうちに怒髪さんがJも解き終わり、一緒に考えようとなる。

問題の本質が発覚、各文献に書いてある"aの先祖がbである"をqueueにpushするだけだとだめで、それによって間接的に判明する先祖の情報もわからないとダメ、これにはDAG動的構築していい感じにマージしていく必要がある。これを愚直にやると全体のO(V^4)になってしまう(Vは頂点数でV=300)。V^3に落とす必要があり、再び悩むのでトイレに行く。

トイレから帰ってきたら怒髪さんがこれでいけそうみたいなことを言い始めるのでそれを書く。WAが出るが、細かい所をよく見るとバグが埋め込まれているので直す。

AC(158分)

やっぱ怒髪神。

 

結果 4th place!!

ACM-ICPC 2016 Tsukuba

 

やったあ!(しかし、企業賞なにも貰えず壇上に立たせてもらえなかった)
(その後、KLab様から大容量充電器をいただきました!アリガトウございます!!

 

夜は、懇親会でいろんな企業の問題を解いていた。(indeedのゲームに勝って29名以内にはいったのは嬉しかった)
二次会でお疲れ様会をした、ビールがうまい。

三次会でカラオケをした。(with @asi1024,@n_vip,@kyuridenamida)
選曲の世代が滅茶苦茶で面白かった。

帰り

カレーうどんzeyoという店に行きました。

早食いで記録出せば2000円お食事券とか書いてあって某限界超越怪獣に挑戦してもらいたいと思った。

ICPC

乙カレー

感想

ICPC最高!一番好きなコンテストです!ホテルも良くて運営も最高でした!

AOJ 2335: 10歳の動的計画 10-Year-Old Dynamic Programming

問題↓

10-Year-Old Dynamic Programming | Aizu Online Judge

問題概要

  • 格子があります。
  • 右と上しか進めません。
  • ただし、ちょうどK回だけ寄り道(左or下に行くこと)します。
  • (0,0) から (N,M) に辿る道は何通りあるでしょう。
  • (0,0)より左下には行くことができない(マイナスの座標へはいけない)

解法

続きを読む

ACM-ICPC World Final 2016 Phuket, Thailand 参加記②本戦編

結論から言うと、 77/128 位
①でのバカンスっぷりと打って変わって激冷ました。

 

4日目はprcaticeをしておしまい。

時間があったので、初日に仲良くなった海外スマブラーとスマブラをしていました。うぇい。

 

本番、5日目。

まず、最初に僕が flymake を書きます。

前日の夜に3回flymakeを複製してから寝たので大丈夫だろうと思ったら

(の対応が取れていないバグが入り込み時間がかかってしまった。(本当に申し訳ない)

準備をしている間に既にFAが取られているので解かれているC問題を読む。

WF唯一のやるだけ枠だったのでさっさと通す。

 

それ以降、何があったかをぼくはよく知らない。

 

二問目Lは普通に通される。

三問目、G問題がdohatsuさんとzukkyさんが一瞬で解法だしててzukkyさんが実装していたがWAを連発。

誤差ゲーが止まらない。

四問目K、よく分からないけどdohatsuさんが実装しててまぁ大丈夫だろうと思いきやWA。

2完のままよくない流れが続く。

 

193分経過

G問題をAC!EPSを消したら通るという謎現象

流れが変わり、続いてK問題もAC

 

そして、解いている人数の多いEを真剣に考え始める。

―が、無理

誰も分からず

 

B問題に移るとdohatsuさんの考察で問題がDPにまで落ちる。

DPの高速化ができそうということで実装するが、嘘高速化な気がしてよく分からず定数倍改善に方向を切り替えるも時間切れ。

 

結果、4完でした。

 

感想

ペテルブルグと上海交通大学の頂上決戦は見ていた楽しかった。

世界やばい。

https://icpc.baylor.edu/scoreboard/

今まで一番国際交流をした気がする。スマブラは偉大。

象にも勝てない、波にも勝てない、コンテストでも勝てないと己の弱さを知れた。

WorldFinalの待遇は最高。

関わった全ての方へ、ありがとうございました、お疲れ様です。

チーム名との怒髪さん、来年も頑張りましょう!

そして、引退するズッキーさん、本当にお疲れ様でした!

ACM-ICPC World Final 2016 Phuket, Thailand 参加記①観光編

興奮冷めやらぬ三日目朝、これを書いてます。

二日目である16日はほぼ自由時間だったので今回はそれについて書いてきます。

以下大量の写真

 

ここから帰ってきてから書いてます。

三日目はプーケットの観光地、FantaSeaに行きました!(そもそもプーケットが観光地)

午前中はIBMのオープニング

午後はFantSeaでオープニングセレモニー

 幼稚園くらいのとき以来はじめて象を見ました。

象が想像以上に早くてびびった。

 

撮影は禁止だったのですが、ショーも見ました。

内容は『象さんにかければ人間なんてけちょんけちょんやぞ』という感じ。

空飛ぶ人間と瞬間移動する人間を初めてみました。

 

きゅうりさんが醜い動画をアップロードして日本の恥・public_sateを晒しかけました。

 

向こうのおみやげは結構安かったです。

②本戦編へ続く